展示室案内EXHIBITION

鎌田共済会郷土博物館には様々な収蔵品があります。

香川に関する歴史資料を中心に、古文書、古書籍、絵図、写真、考古資料など約6万点を所蔵しています。

[主な資料]
久米通賢資料(重要文化財)、鉄地金銀象嵌獣面紋大刀柄頭(香川県指定文化財)、慶長版太平記(坂出市指定文化財)、考古資料、古文書、古書籍、絵図、写真、漆器、陶磁器、化石など

第1展示室江戸時代の表彰記録『官刻 孝義録』

江戸時代、幕府や藩などが孝行者などの善行者を表彰しました。今回の展示では、1801(享和元)年に幕府が刊行した『官刻孝義録』とその関連資料などから、江戸時代の人々の生きざまを見てみようと思います。

主な展示物

  • 『官刻 孝義録』(巻40 讃岐 表紙)

    『官刻 孝義録』(巻40 讃岐 表紙)

    1801(享和元)年発刊
    1801(享和元)年、江戸幕府は、全国の諸藩や代官領などで実施されていた善行者の表彰についての事例を全50巻(冊)の書物にまとめて刊行し頒布しました。

  • 『官刻 孝義録』(巻40 讃岐)

    『官刻 孝義録』(巻40 讃岐)

    「孝行者七五郎」など列記部分
    第40巻目は讃岐1ヶ国(高松藩領と丸亀藩領)の善行者の記録を収録しています。善行者は88人(男性69人、女性19人)。孝行者81人、忠義者1人、兄弟睦者2人、奇特者4人に分類されています。写真は、同書の冒頭に記載されている善行者のリスト。

  • 『官刻 孝義録』(巻40 讃岐)

    『官刻 孝義録』(巻40 讃岐)

    「孝行者権四郎」の表彰内容記載部分
    鵜足郡東川津村(坂出市川津町)の百姓権四郎は生涯独身を通し、母親と兄夫婦を養いました。
    1784(天明4)年、藩から褒美として米が与えられたことが記されています。

お問い合わせCONTACT

鎌田共済会郷土博物館へのご質問・ご意見その他のお問合せは、
お電話もしくはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

TEL. 0877-46-2275

[受付時間 9:30-16:30(休館日を除く)]
[受付時間 9:30-16:30(休館日を除く)]