展示室案内EXHIBITION

鎌田共済会郷土博物館には様々な収蔵品があります。

香川に関する歴史資料を中心に、古文書、古書籍、絵図、写真、考古資料など約6万点を所蔵しています。

[主な資料]
久米通賢資料(重要文化財)、鉄地金銀象嵌獣面紋大刀柄頭(香川県指定文化財)、慶長版太平記(坂出市指定文化財)、考古資料、古文書、古書籍、絵図、写真、漆器、陶磁器、化石など

第1展示室江戸時代の貨幣 寛永通宝を中心に

江戸時代の三貨制度を概観しながら、意外にも身近に存在する寛永通宝などの古い銭貨を小さな歴史的資料・美術品として、見て楽しんでいただきたいと思います。

主な展示物

  • 銭さし(九六銭、寛永通宝)

    銭さし(九六銭、寛永通宝)

    江戸時代以前から存在した銭貨の流通方法で、寛永通宝の流通以降も見られたのがこの「銭さし」もしくは「九六銭(くろくせん)」と呼ばれるもの。一文銭96枚を麻紐に通して100文として通用した(展示資料は96枚✕2)。少額貨幣の枚数を数える手間を省き、持ち運びしやすくしたものとされる。4文の差額は、銭さしを作る手数料分として差し引いたという説がある。

  • 寛永通宝(古寛永)

    寛永通宝(古寛永)

    1636(寛永13)年~
    古寛永銭で、背(裏面)に文字などはない。中央の方孔が表面から裏面にかけて斜めに削り込まれていて、かつ寛永通宝の4文字がくっきりと彫られていて良い造りであることから、通用銭を鋳造する際の型(母銭)に相当するものか、もしくは、鋳造記念銭かもしれない。

  • 『国家金銀銭譜 上』(写本)

    『国家金銀銭譜 上』(写本)

    1746(延享3)年刊行、青木昆陽著
    江戸時代の金銀銭貨の模写図集を書き写したもの。大判・小判の花押や刻印など、それぞれの特徴も記す。本文以外に、書き写した人物によって寛永通宝(文銭:裏面に「文」)や明和五匁銀などの拓本を採って載せている。

お問い合わせCONTACT

鎌田共済会郷土博物館へのご質問・ご意見その他のお問合せは、
お電話もしくはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

TEL. 0877-46-2275

[受付時間 9:30-16:30(休館日を除く)]
[受付時間 9:30-16:30(休館日を除く)]